事業資金をすぐに融資してもらえる方法ってあるの?

まとまった資金を即日融資して欲しい!一体どうすればいい?!

 

企業が事業運転資金のショートという事態に陥ってしまった場合には、銀行のビジネスローンや商工ローンなどに申し込みをして、資金繰りをすることが出来ます。

 

しかし、正直なとこを事業運転資金のような大口の融資となりますと、審査が厳しいことから審査で断られてしまうことが多くあります。

 

また、仮にビジネスローンなどで借入が出来たとしても、殆どの場合が即日の融資には対応していなく、今すぐにつなぎ資金を用意しなければいけないような状況ですと、融資実行前に倒産の危機を招いてしまいます。

 

「ビジネスローンの審査期間を待つ余裕が無い」、または「銀行での審査で断られた」という場合には、ファクタリングと呼ばれる資金調達方法をご検討してみてはいかがでしょうか?

 

毎月安定した売掛金があり、また来月その売掛金が100万円以上入金予定の場合には、ファクタリング業者に申し込みをすることで、売掛金を買取してもらうことが出来ます。

 

つまり、借入や融資とは異なりますが、ファクタリングは事業運転資金をすぐさま調達することが現実的に可能なのです。

 

ファクタリングは何よりも「最短即日に資金調達をすることができる」というメリットがあり、赤字で事業運転が今にも危ないといった場合、大変オススメです。

 

ただし「個人事業主などの個人の自営業者」、「安定した売掛金がない会社」などは利用出来ませんのでご注意ください。

 

このファクタリングは売掛金の買取ですので融資ではありません。

 

このことからファクタリングはバランスシートに負債として記録されないので企業の信用情報に影響することも無く安心です。

 

とにかく会社の経営が危ないという人は、まずはファクタリングをチェックしてみてくださいね。


 

 

山梨県民信用組合の事業者ローンを利用するためには、どのような条件が定められているのでしょうか?

 

また融資限度額や金利も気になる所かと思います。

 

ここで詳しい内容を解説していきたいと思います。

 

山梨県民信用組合のビジネスローンの融資限度額は50万円から最高で500万円まで、融資期間は最長10年、金利は年14.8%と少々高めです。

 

 

利用条件は「業歴2年以上」「アイフル会社の保証が受けられる方」「連帯保証人」など厳し目ではあります。

 

審査結果はスピード回答のようですが、融資を受けるまでには時間がかかる場合が多いようです。

 

事業運転資金やつなぎ資金など急に資金が必要となり、山梨県民信用組合から借り入れするとなると間に合わない可能性があります。

 

これは銀行の事業者ローンでも同じようなことが言えますので、ご注意下さい。

 

 

民間の消費者金融でも事業者ローンは取り扱っており、即日融資が可能な業者は比較的多いですから、急な資金ニーズにも対応しやすいです。

 

また担保保証人も不要ですので、より身軽に融資が受けられます。

 

但し銀行などに比べると金利が高いですから、その点は注意が必要です。

 

審査自体はどちらかというと甘い傾向にありますので、一時的な資金繰りには良いかもしれません。

 

 

借入によらないで資金化出来るファクタリングであれば即日対応出来る場合もあります。

 

こちらも無担保・無保証で資金化出来ますので、融資が難しいのであれば検討してみると良いのではないでしょうか?

 

審査も比較的通りやすいようですので、まずは相談だけでもしてみると良いかと思います。

 

京都銀行では「αBANKビジネスローン」「αBANKビジネスローン クイックローン」の2種類のビジネスローンを提供中です。
資金繰りのために借入れを検討されているのであれば是非とも参考にしていただければと思います。

 

αBANKビジネスローン

融資限度額は100万円〜最高で1億円まで可能。変動金利タイプのビジネスローンです。
運転資金・設備資金として利用可能。つなぎ資金は不可となります。
業歴3年以上の法人のみ対象で、第三者保証は不要となります。

 

αBANKビジネスローン クイックローン

100万円〜3000万円まで借入可能なビジネスローン。
変動金利タイプです。
担保・第三者保証は原則不要です。

 

 

京都銀行のような「銀行が出しているビジネスローン」は低金利な上に大口融資でビジネス資金の調達には最適です。

 

長期的な運用に向いてはいますが、審査基準は厳しめで、審査期間もは長い傾向があります。

 

ですので即日希望をされている場合は。商工ローンを利用した方が良いかもしれません。

 

 

商工ローンは審査が甘い・緩い業者が多く、借入れの敷居が低いと言われています。

 

但し金利がかなり高かいので、一時的な融資を受ける以外は利用しないほうが良いでしょう。

 

銀行融資を断られた企業が利用されることが多いですが、今後他で融資を検討している場合は、貸し剥がしに遭う可能性もありますので注意しましょう。

 

 

資金がショート寸前、融資を断られ借入先が無いといった場合にオススメなのがファクタリングと呼ばれる売掛金買取サービスです。

 

最近ではこのサービスを活用して資金繰りをされる企業が年々増加しています。

 

ファクタリングは企業の売掛債権をファクタリング会社が事前に買い取り、資金を提供してもらう仕組みの資金調達方法です。

 

依頼するための条件は会社によって異なりますが、売掛債権が発生していれば比較的通りやすいので、銀行融資を受けられなかった場合でも利用できる可能性は十分にあります。

 

 

また、ファクタリングによる資金繰りが良好になれば、銀行からの事業資金の融資を改めて受けられる可能性も上がります。

 

そのため、長い目で見てもファクタリングは利用価値が大きいのです。

 

まずは無料の見積診断などで、いくらほど資金調達が可能なのか調べてみるのがいいでしょう。

 

宮崎銀行のビジネスローンは審査が甘いのでしょうか?
全部で5種類ものビジネスローンを提供しており、それぞれの特徴についてお話していきます。

 

みやぎん「ベストビジネスU」

融資限度額は100万円〜最高で5000万円まで可能。金利は変動タイプです。
利用条件は営業年数2年以上であること。担保は不要ですが、保証人は法人事業の場合は必要です。

 

みやぎん事業者カードローン

融資限度額は最高で2000万円まで。
業歴3年以上の企業が借入可能。担保保証人共に必要となります。

 

みやぎんTKC戦略経営者ローン

3000万円まで借入可能なビジネスローン。
業歴3年以上が条件。
担保は不要ですが保証人は必要です。

 

みやぎんビジネスライン

融資限度額は最高で2億円まで可能な大口ビジネスローンです。
担保保証人共に必要でとなります。

 

アグリサポートローン

100万円〜最高で3000万円までの借り入れが可能なビジネスローン。
個人事業主の場合は担保保証人共に不要で融資可能です。

 

 

宮崎銀行のビジネスローンは審査が緩いのか気になるところだと思います。

 

上述したように業歴が2,3年以上の企業を対象としており、新規事業者ですと正直、事業資金の借入れは難しいようです。

 

 

つなぎ資金のように一時的な資金調達であれば、商工ローンから融資を受ける方法もあります。

 

審査に通りやすい分、高金利で負担が大きいですから長期的な借入れは避けたほうが良いでしょう。

 

「銀行融資を断られた」、「商工ローンは負担が大きいから利用したくない」、

 

このような場合、資金口は諦めたほうが良いのでしょうか?

 

 

実は近年、日本で注目されているのがファクタリングです。

 

ファクタリング会社が企業の売掛債権を買い取る形で資金を提供する「新しいタイプの金融サービス」です。

 

取引先の支払期日前でも回収することが出来ますので、資金ショートのピンチの際も安心です。

 

即日対応はもちろん、万が一の保証もしてくれることがありますので、事業資金の長期運用にも最適です。

 

ファクタリングによる資金繰りが順調になれば銀行融資を受けやすくなるというメリットもあります。

 

いくらぐらい資金調達できるかは、「無料見積診断システム」などですぐに分かるので、まずはチェックして確かめてみてください。

 

 

 

いわぎん無担保ビジネスローン「Iの絆」は、融資限度額50万円〜最高で300万円までと比較的小口対応のビジネスローンです。

 

年利は7.8%〜12.8%と銀行ならではの低金利です。

 

融資は個人事業主限定となっていて、担保・保証人は不要です。

 

審査が甘い・緩いのか気になるところですが、岩手銀行のような銀行のビジネスローンは基本的にどこも厳しめと言われており、簡単に融資を受けることは難しいといえるでしょう。

 

 

資金繰りは商工ローンでも可能ですが、既に銀行から融資を受けている場合や今後借入れを検討している場合ですと、貸し剥がしや貸し渋りをされる可能性が高いですので注意が必要です。

 

資金がショートしそうな場合、商工ローンなら融資までの時間も短く即日対応をしていますので、そのような利用の仕方もありかと思います。

 

あくまで一時的な利用と考えたほうが良いでしょう。

 

 

オススメの資金調達法としてファクタリングが挙げられます。

 

効率的かつ迅速的に資金化することが可能で、審査も比較的通りやすいことから銀行融資を断られた企業が活用し始めています。

 

売掛債権を買い取ってもらい資金を提供してもらうシステムで、借入れにあたりませんので、信用情報に履歴が残らない上にバランスシートでもも負債になりません。

 

 

つなぎ資金のように一時的な活用だけでなく、事業運転資金の長期運用としてもファクタリングは最適です。

 

またファクタリングによって資金繰りが好調になれば、再度銀行からの融資を受けやすくなる可能性が高くなります。

 

依頼するための条件は各会社によって異なりますので、まずは詳細を確認してみると良いでしょう。

 

株式会社アークファイナンスの事業者ローンについて解説します。

 

アークファイナンスのビジネスローンは、融資限度額10万円〜500万円とある程度まとまった事業運転資金にも対応可能なビジネスローンです。

 

年率は100万円以上の借入れであれば7.00%〜15.00%、100万円未満は7.00%〜18.00%となります。

 

担保・保証人は原則不要ですが、法人の場合は連帯保証が必要となります。

 

アークファイナンスのビジネスローンは審査スピードが早く、即日融資にも対応しています。

 

ですから、つなぎ資金や急な資金調達の際も安心して利用出来ます。

 

アークファイナンスは「貸金業者のビジネスローン」だから審査は甘い・緩いと思いがちですが、審査通過条件は様々ですので、条件を満たしていなければ借入れはなかなか厳しいようです。

 

また金利は少し高めですので、負担軽減を考えているのであれば、無理に借入れはしなくてよいでしょう。

 

 

銀行であれば低金利な上に借り入れ限度額も圧倒的に高くなりますので、資金調達には最適です。

 

ですが審査が厳しく融資を断れる企業も多いです。

 

それぐらい銀行からビジネスローン融資を受けるのは大変なものです。

 

 

そこでオススメしたいのが、売掛債権を譲渡し資金化を図るファクタリングです。

 

借入れではなく売掛債権をファクタリング会社に買取してもらい、代行して債権回収を行なってもらいます。

 

そしてファクタリング会社から支払期日前に資金を提供してもらう仕組みです。

 

そのため、最短即日などのスピード資金調達が可能なのです。

 

 

審査条件は依頼する会社によって異なりますので、まずは詳細だけでも確認してみると良いかと思います。

 

売掛債権があり来月の入金が100万円以上あると審査には通りやすいですから、依頼できる可能性は十分に有るといえるでしょう。

 

「ベンチャービジネスサポートローン」は、愛知銀行が提供するビジネスローンです。

 

資金繰りのために融資を検討されている企業のために、融資額や金利、審査が甘いのかどうかについてお話していきたいと思います。

 

融資限度額は最高で3000万円まで可能。但し無担保の場合は1000万円までとなりますのでご注意を。

 

金利は使途目的によって異なり、つなぎ資金の場合年利は1.00%、運転資金の場合は年利2.00%、設備資金は年利2.50%と、いずれにしても低金利で借入可能です。

 

法人の場合は保証人が必要となります。

 

ベンチャービジネスサポートローンは大口な上に低金利で融資をしていますので、資金調達先にと考えている企業は多いです。

 

ですがその分、審査が厳しく融資を受けるのは中々難しいようです。

 

 

銀行に比べ審査が緩いと言われるのが商工ローンです。

 

銀行融資を断られた企業が多く利用される次の借り入れ先と言われています。審査に通りやすいですから融資までも早く、使い勝手は良いかと思います。

 

しかし金利が大きいので注意が必要です。

 

 

銀行・商工ローン以外の新たな資金調達方法として年々増加し続けているのがファクタリングです。

 

ご存じの方も多いのではないでしょうか?

 

ファクタリングとは、企業の売掛債権・受取手形をファクタリング会社が買い取り資金を提供してもらうサービスです。

 

融資よりも迅速的な上に効率的なので、よりすばやく資金をかき集めることが出来るのが大きな特徴です。

 

即日対応や大口の資金化可能ですので、幅広くビジネスをサポートしてくれます。

 

取引先の倒産で売掛債権が回収できなくなってしまっても、保証してくれる会社もあるのでリスクを極限まで抑えることが可能です。

 

 

依頼するための条件は会社によって異なりますが、やはり売掛金が毎月安定していることは必須です。

 

法人企業しか依頼できませんので、その点もお忘れなく。

 

詳細は各ファクタリング会社をチェックしてみると良いでしょう。

 

資金繰りは企業の命運を大きく分けます。

 

ショートしてから対応しては間に合いません。

 

よりスピーディーかつ安全なファクタリングで事業運転資金の運用を始めてみてはどうでしょうか?